新生児聴覚スクリーニング検査

[概要]

里帰り出産等のために、市で交付した新生児聴覚スクリーニング検査受診票が使用できず、自費で検査を受けたお子さんの保護者に対して、検査費用の一部を助成します。

[支給内容]

新生児聴覚スクリーニング検査費用について、助成限度額内において助成します。

<自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)>
上限4700円

<耳音響放射検査(OAE)>
上限2100円

検査費用が公費負担額を超える場合は、超えた金額について、自己負担となります。

[対象者]

下記の2点にあてはまる方

(1)里帰り出産等で、伊東市と契約していない医療機関で新生児聴覚スクリーニング検査を受けたために、「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」を使用できなかったお子さんの保護者
(2)新生児聴覚スクリーニング検査(出生後初めて実施する検査)の検査日現在、伊東市に住民登録があるお子さんの保護者

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

検査を受けた日以降、申請できます。ただし、出産の日から1年以内に申請してください。
母子健康手帳を確認しますので、郵送での申請はできません。

以下のものを持参し、子育て支援課の窓口にて申請してください。

(1)母子健康手帳別冊(未使用の「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」)
(2)新生児聴覚スクリーニング検査を実施した医療機関の領収書(コピーは不可)※領収書はお返しします。
(3)母子健康手帳(申請する検査の受診年月日の記録、実施医療機関が記載されていること)
(4)印鑑(スタンプ印は不可)
(5)申請者の預金通帳など、振込口座が確認できるもの。

確定申告(医療費控除)を行う際には、先に新生児聴覚スクリーニング検査費助成金の申請手続きを行ってください。

[手続きなど詳しくは]

「4.妊婦健康診査について(里帰り出産等で市外で健診を予定している場合)/ママになる人のために(母子手帳、妊婦健診)(伊東市サイト)」をご覧ください。

4.妊婦健康診査について(里帰り出産等で市外で健診を予定している場合)/ママになる人のために(母子手帳、妊婦健診)(伊東市サイト)

子育て応援情報

「いとう子育てナビみらい」をシェアしよう
  • つぶやく